主権免除と人権をめぐる国際判例



ギリシャ最高裁判所2000.5.4ディストモ事件判決
ナチスによる民間人集団虐殺事件の被害者遺族がドイツに損害賠償を請求した事件について、ギリシャ最高裁判所はドイツの主権免除を否定して賠償を命じた原審判決を支持し、ドイツの上告を棄却した。

イタリア破棄院(最高裁)2004.3.11フェッリーニ事件判決
ナチスによる強制労働被害者のフェッリーニ氏がドイツに損害賠償を請求した事件について、イタリア破棄院は主権免除により却下した原審判決を破棄して差し戻した。本判決がイタリアで多数の被害者がドイツの提訴するきっかけとなった。

国際司法裁判所(ICJ)主権免除(独対伊)事件2012.2.3判決(多数意見・反対意見・個別意見)
ドイツに対する訴訟を受理し賠償を命じたイタリア裁判所の行為は国際法違反であると判断したICJ判決。

イタリア憲法裁判所2014.10.22判決
イタリア国会はICJ判決を受け容れるための法律を制定したが、憲法裁判所はこの法律は被害者の裁判を受ける権利を侵害し違憲であると判示した。

ブラジル連邦最高裁判所2021.8.23「シャングリラ号事件」判決new
ブラジル連邦最高裁判所(憲法裁判所)は韓国の1.8判決に続いて主権免除の人権例外を認め、ナチスドイツの潜水艦に撃沈された漁船の乗組員の遺族がドイツ国家に損害賠償を請求した訴訟で、戦争犯罪や国際人権法に違反する行為であることを理由にドイツの主権免除を否定した。

HOMEへ